Close

2014年4月13日

もちより!!! 一般批評学会@大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enoco

一般批評学会は、批評を含むあらゆる専門性の外側で行われる批評的な営みと、それが社会的にどんな意味があるかを、みんなで考える学会です。

具体的に言うと、エグザイルが好きな人とマシュー・バーニーが好きな人が一緒に佐村河内守「交響曲第1番《HIROSHIMA》」を聴いて楽しく話しをするためにはどうすればいいだろう……みたいなことについて考えています。もっと言うと、そういうことのために佐村河内守の曲は存在するって考えてもいいんじゃない?っていうようなことを考えています。あと、考えるだけじゃなくて、そのための方法を《メソッド》として開発して、実際に試したりしています。批評の対象に特に範囲はありません。

今のところ、大阪を中心に「もちより!!!一般批評学会」「これからの予想の話をしよう」「おしゃれパーティー」「愛と自由のための反省会」などのイベントを主催するほか、各分野も呼ばれたら喜んでホイホイ行くようにしています。ちなみに合言葉は「何かを見たり聞いたりして、気になったことを誰かと話すと楽しいね」です。

今回は、大阪阿波座の大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enocoでの「もちより!!!一般批評学会」、もちよりお題は「作品」です。人が作ったものでも、自分が作ったものでもかまいません。みんなでいろんな「作品」をもちよって、それをみんなで観た後の楽しみ方/遊び方について考えます……と言ってもぜんぜん意味わからないと思いますが、気になる人はどうぞ遊びに来てください。

********************

日時:4月13日(日)14:00〜
会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enoco
   大阪市営地下鉄「阿波座駅」から徒歩3分
   http://www.enokojima-art.jp/
料金:1,000円(パンフ&バッヂつき)
定員:15名
主催:enoco×一般批評学会

☆今回のゲスト&アシスタント:金澤 咲さん(兵庫県立美術館ミュージアム・ティーチャー)
1989年大阪生まれ。京都造形芸術大学 芸術表現・アートプロデュース学科卒業。学生時代、様々な人と出会う中でこどもを通してアートに関わることに興味をもつ。今は兵庫県立美術館でこどもや学校と関わりながら、日々ぐらぐら揺さぶられている。4月から神戸大学大学院人間発達環境学研究科在籍。

********************

◎今回のもちより:「作品」
当日みんなで鑑賞して一般批評するための「作品」をお持ちください。平面、立体、映像、音楽など、作品の形態は問いません。また「作品」と呼べるものならアートでなくても構いません。ただし、15人程度が同時に鑑賞できて、さらに3〜5分程度で作品の全体像が把握できるものに限ります。もちろん手ぶらでもOKです。
・音声・映像の場合はCD、DVD、Macで再生できるデータを入れたUSBメモリ、もしくは動画サイト等のURLでお持ちください。
・絵画や立体など作品の現物をお持ちいただく場合は、かならず梱包して壊れないようにしてお持ちください。
・もちよりが多い場合はご場合もあります。

なお、終了後はちかくのお店で「反省会」をやりますので、興味のある人はぜひこちらもどうぞ。

********************

◎ところで一般批評学会って何?
http://www.strikingly.com/ippanhihyo
批評をふくむあらゆる専門性の外側で行われる批評的思索について考えたり実際にやってみたりする会です。「もちより!!! 一般批評学会」もほか、「これからの予想の話をしよう」「おしゃれパーティー」「愛と自由のための反省会」などのイベントを毎月1〜2回くらいやっています。

ととととねえちゃん